×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドライヤーのマイナスイオン効果ってなに?

イオンドライヤーを使うにあたりマイナスイオン効果があるわけはマイナスイオンは空気に含まれている粒子で、生活環境を改善し、心地よさを与えるイオンです。
マイナスイオンは渓流などや滝、噴水など水の多い場所の空気に豊富に含まれます。
水が岩などに激しくぶつかり微細な水滴が飛び散るときに、水滴はプラスに、周囲の空気はマイナスに帯電すると言われておりす。
イオンドライヤーを使うと、マイナスイオンでの水分保持力が多い結果が出されています。
滝や渓流に行くことによってって、マイナスイオンをたっぷり浴びることが体が癒されると言われています。
ドレイヤーでの髪への加熱、乾燥による負担を調べると普通のドライヤーとイオンドライヤー・クレイツイオンドライヤー スーパーモイストのドライヤーで湿った髪を乾燥させた場合に髪の水分保持力を比較すると
イオンドライヤー では水分保持力が多いという結果が出ています。なお普通のイオンドライヤーとクレイツイオンドライヤー スーパーモイストを比べると水分保持力の驚くべき違いが得られました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ドライヤーを選ぶ時の基準は?

ドライヤーの吹き出し口が小さなものや、あまり高温になるものは髪にダメージを与えやすいので避けましょう。
髪に負担をかけずすばやく乾かすには、1000〜1200W程度の風量の大きなドライヤーを選ぶことです。
握りやすく操作性が良よく上下左右によく動かせるようドライヤーを選ぶことも大切です。
また「マイナスイオンドライヤー」も、髪に優しくうるおいを与えるのでおすすめです。
ドライヤーでトラブルが起きるのは、モーターの寿命ですです。
では、モーターの寿命はどのくらい?
けっこう短くて、一般に、130時間から140時間連続とされています。ドライヤーを1日1回使うとすると、3〜4年というところでしょうか
ところでマイナスイオンドライヤーでイオンが出てる・出てないは、どこで見分ければ?
これは慣れていないと見えにくいですがイオンが出ているときには、青い光が見えます。、それとわかりやすいのは、ニオイですね。イオンが出ているときは、
独特のニオイがして、魚の生臭いニオイがするなどと、嫌がる人もいます

ドライヤーで髪を乾かすコツは?

ドライヤーを使う前に吸収性のよいタオルで洗髪後に乾いた髪の水分をよくふき取ります。このとき、タオルで髪をこすらないこと。
こすり合わせると髪が傷んで抜け毛や切れ毛の原因になります。タオルで髪をはさみ軽くたたくようにして、やさしく水分を取りましょう
ドライヤーは、20cm以上髪から必ず離し髪の根本から乾かしていきます。
シャンプーするときのように、指を首の方から頭頂部に向かって髪の中に入れ、ドライヤーの風をそこにできた空間に送るようにするのがコツです。
1箇所に集中しないようドライヤーを当てるときは、たえず左右に振りながら髪全体を乾かすようにします。
このときドライヤーの方を動かすことに注意して髪の中に入れた手を動かさない。根本が乾いたら自然に全体が乾いてきます。
ドライヤーの風で毛先には軽く風を当てる程度でOKです。
頭皮の水分がある程度なくなったら、気になる部分に育毛剤をよくしみ込ませてしっかりマッサージをする。
再度ドライヤーを当ててべたつきが気になるならば、軽く乾かします。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ドライヤーを選ぶ決め手はどうすればいいか